NEWS

お知らせ

【税理士の選び方】起業したら税理士は必要か?

はじめに

これから起業する方の税理士の選び方はどういう点に注意したらいいのか?そもそも税理士って必要なのか?費用はどれくらいかかるのか?という点について解説してみたいと思います。

 

基本的にはまだまだ閉じた業界なので、税理士だからこそ分かることも多いと思います。これから起業される方は是非ご参考にされて下さい。

なぜ税理士が必要なのか

税理士には「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」といった独占業務がありますが、簡単に言うと納税者の代わりに、税務書類を作成したり、税務申告を代理で行ったり、クライアントなどの税務相談に答えたりする業務で、これらを税理士以外の方が行うと違法になります。

 

税理士に仕事を依頼する場合、基本的にこれらの業務を依頼するのがベースになりますが、他にも経営コンサル業務や金融機関等からの資金調達支援などのサービスを提供している税理士事務所も多いです。

 

この税務書類を自分で作って、自分で申告することができれば、必ずしも税理士に業務を依頼する必要はありません。

税理士に頼まなかった場合のリスク

そこで、税理士に頼まない場合のリスクについて考えてみます。

 

税理士は税法の専門家で法律家です。たまに節税をすることが税理士の仕事だと言う経営者の方がいますが、税理士は、納税者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。その理念があったうえで節税のアドバイスもするのが基本的なスタンスだと思います。

 

 

私の場合、税理士に頼まなかった場合に想定されるリスクは下記の2点です。

帳簿・申告の適正性

所得がそこまで大きくない個人事業主で、自分で申告までされている方はそこそこいらっしゃいます。税法の知識がそれほどなくても、インターネットなどを駆使したり、確定申告の相談会に出向いたりして、申告書の作成まで自分で行うことは可能です。

 

規模感や内容などにもよりますが、自分でできるなら、なるべくその方がいいと私も思います。今はクラウド会計などの台頭により、帳簿や税務書類の作成は税法の知識がなくてもスムーズに出来るようになりつつあります。また、税理士に申告をお願いする費用はないが、専門家に少しだけ質問や相談がしたいという場合、例えば、LINEの公式アカウントなどで税務相談を安価で受けてくれる税理士もいます。クラウドワークスなどで会計のチェックを依頼している方もいますね。

 

こういったツールを駆使して自分で申告までやってみるというのは非常にいいと思います。あくまで余力があればですが、経営者が経理をやることでお金の流れや経理業務の重要性もより分かると思います。

 

一方、法人の場合は、ご自身で申告までやっている方は稀です。個人の場合よりハードルが高いので、もし自分でやられる方は相当な学習が必要でしょう。AIやクラウド会計が台頭してもまだまだこのハードルは高いです。法人であれば自分で申告をする労力やリスクをとるなら、税理士に依頼されることを個人的にはお勧めします。

 

個人事業主のケースでも、今まで自分で申告をやってきたという方の帳簿や申告書を確認させてもらうと、処理が誤っていたり、漏れがあったりというのは多いです。逆に言うと、税理士の立場で私が考える適正な品質で作成できていた人を見たことがないのが事実です。個人といえど、税法はそれなりに複雑なので当然と言えば当然ですが、大きな誤りをして税務調査で指摘された場合、加算税や延滞税といったペナルティを受けることもありますので、帳簿・申告の適正性を税理士に担保してもらうという点は、税理士が必要な理由の一つだと思います。

 

この点は規模感も考慮して、例えば売上1,000万円を超えたら税理士に依頼する。それまでは自分でやる。法人かするまで自分でやるとか、そういった基準を持っている方も多いですね。私もこういった基準を持つのもお勧めです。

 

売上(正確には課税売上)が1,000万円を超えると、2年後から消費税の課税事業者になって、経理も申告も煩雑になるため、そのタイミングで税理士に依頼するのはありでしょう。またフリーランスで1,000万円を超えだすと、一人で経理までこなすには重いフェーズに入ります(業種やビジネスモデルにもよりますが)。税理士費用を払って任せられる部分はアウトソーシングし、自身の本業の時間を捻出するのもいいでしょう。

 

また、最近のあるあるなのですが、freeeなどのクラウド会計を使って自分でやってみましたのたのでチェックしてほしいという案件。ちゃんとできていた試しがありません。freeeは従来の会計ソフトと概念が異なるので、バックオフィス、経理、経営管理業務全般で全体像が見えていないと余計に会ぐちゃぐちゃになっていまします。きちんと使いこなすにはなかなかの知識労働を要するツールだと個人的に思います。税理士でも使いこなせていない人が多いので…。本来は劇的に経理やバックオフィスの効率化を図れるツールですが、この点は要注意です。

 

税理士としても、「freeeで自分でやってます」という案件は受けたくないと思っている同業も多いようで、たまにSNSで話題になっています。確かに最初から依頼してくれたら楽なのにというケースは多いです。ちなみに私はこういう混沌とした帳簿を綺麗にしていくのは嫌いではないです。作業時間が多くなればちょっと高くなりますが…。

節税等の機会損失

もう一点は、「この特例を使っていれば…」、「これを経費にしておけば…」」、」「もっと税金を安く抑えられたのに」という機会損失です。

 

これもあるあるです。5年以内であればやり直しがきく場合もありますが、後戻りできない特例もあります。これも自分でやっていれば仕方ない部分ではありますが、こういった機会損失が防げるのも税理士に依頼する理由の一つです。

 

私が最近経験した「もっとこうしておけばよかった」という事例は、下記のようなものです

 

  • もっと早く青色申告にしておけばよかった(青色申告特別控除や青色事業専従者控除を受けられた)
  • もっと有利な条件、適正な金額で借入をしておけばよかった
  • 〇〇が経費に入れられた
  • クラウド会計でもっと経理を効率化できた
  • 受付日で売上を計上していた(誤り)
  • 配偶者控除その他所得控除が受けられたのに忘れた

 

上記のケースは、私が関わって過去の申告書を確認し気づいたことですが、税理士と接点を持たない方は、誤りに気づくタイミングを逃しているかもしれません。ご自身で申告される方は、知らず知らず余分な税金を払っている可能性があることにご留意ください。

どんな税理士を選べばいいか

さらに大切なことなのが、税理士選びです。

税理士は基本的に永く付き合っていく存在ですが、永く付き合っているからなのか、選び方が悪いのか、意外と税理士に対する不満を持っている方は多いようです。ビジネスの相手としてストレスを感じるような税理士をつけるのは不毛だと思いますので、ここを間違えないようにしましょう。

 

私が考える税理士選びの大事なポイントは、「コミュニケーション」、「品質」、「価格」だと思うのですが、具体的に一つ一つ解説していきます。

 

コミュニケーション

3つのうち、一番大事なのがコミュニケーションだと考えます。以前、税理士のどんなとこに不満を持っているか調査したことがあるのですが、

 

参考

税理士事務所に対する不満について調べてみました

 

この時の結果は、下記のようになりました。

 

  1. 接遇態度:45%
  2. レスポンスの遅さ:18%
  3. 価格の高さ:18%
  4. サービスの内容:9%
  5. 上記に区分できないもの:10%

 

上記のように圧倒的に多かったのは接遇態度です。広く捉えるとコミュニケーション能力と置き換えてもいいでしょう。

 

実は「税理士は横柄、態度が悪い」という意見はあるあるです。税理士は「先生」と呼ばれて敬ってもらえることがある仕事ですが、税理士といってもただの一つの職能なので、そんなことで威張るのはみっともないですね。確かに同業として観察していても、この人はなんでこんなに威張ってるのだろう?思う方が一定数いるのも事実です。

 

したがって「この人となら永く付き合える」と感じる人と契約するのが一番でしょう。計測しにくい基準ですが、単純にフィーリングを大事にするのも個人的にはいいと思います。逆に面談して違和感を感じるなら、めんどくさがらずに他の税理士にも会われた方がいいと思います。何度もいいますが、永く付き合っていく相手ですので、きちんと選びましょう。

品質

税務の仕事の成果は見えにくい

次に重要なのは品質だと思いますが、税理士の仕事は、何が正解で何が不正解か、一般の方からは見えにくいので、ここの見極めは付き合ってからでないと難しい部分かもしれません。税務調査が入ったときに、正解、不正解が分かることもあります。見えにくい部分ではありますが、出来る限りでGoogleの口コミなども参照し、最低限の下調べをしましょう。

 

面談時に色々な質問を用意してぶつけてみたり、メールで質問したりして、その時の対応の仕方を観察してもいいでしょう。基本的に仕事の品質が高い方は、対面もメールのやり取りも丁寧です。

レスポンスが遅い

また、先ほどの調査でもありましたが「レスポンスの遅さ」に不満を持っている方は非常に多いです。ここもよく見ておきましょう。電話から面談までの流れの中で、メールで質問してから回答が来るまでの流れの中で、基本的にスムーズに対応してくれる方は、契約後もきっとスムーズに対応してくれることでしょう。税理士の「レスポンスの遅さ」に不満を感じるのも、本当に不毛だと思いますので、ここも重要な部分です。

ITリテラシー

今の時代は、税理士もチャットやズーム、クラウド会計はオプションと出来るようにしておく必要があると個人的に思いますが、こういったものに対応していない事務所も多数です。こういったツールを導入したい経営者の方は、税理士側で対応が出来るか聞いておきましょう。

ストレスがあるなら解約を

もう一点気になるのは、契約した後に「税理士が重大なミスした」とか「返事が遅すぎてイライラする」という愚痴をよく耳にすることがあります。一度契約しても、やっぱりこの人とはうまくいかないと感じたら、すぐ解約すればいいのですが、なかなかそこまでに至らないケースも多いです。解約の欲求はあるが必須ではないということでしょう。

 

でも、愚痴を言うくらいならパッと変えてしまった方がいいです。ここまでになると「そんな税理士と契約しているあなたは経営者として大丈夫ですか?」と逆に経営者としてのビジネスの資質を問いたくなります。ちゃんとした人と契約して気持ちよく仕事をしましょう。

 

価格

最後に税理士に支払う費用(価格)についてです。

私の事務所でやっている税務顧問契約に含まれている業務の内容は、

 

  • 毎月会計を締める
  • 月に1度は経営、会計に関して打合せ
  • 税務や経営に関する相談はチャットや電話等で都度応対
  • 決算前に対策
  • 決算書の作成、税務申告、書面添付の作成

 

ざっくりこんな感じなのですが、料金は、月3万円~、決算料15万円~から受け付けています。

この他、年末調整業務や届出書作成の業務が生じたら、都度報酬を請求させて頂いています。

 

全国の税理士事務所の費用相場と大差はないと思いますが、これより安い税理士事務所は探せばいくらでもあります。安くなれば品質が落ちるのか?一概には言えないですが、ある経営者の方が格安の税理士に頼んだ感想を動画で上げておられましたので参考になると思います。

 

 

私が上記に掲げたサービスの内容とこの動画にある税理士さんのサービスの内容との差が価格差に表れていると思います。

原理原則としてサービス内容がいいものは費用が高くなるのが道理だと思いますが、税理士の仕事が見えにくいことや、相場が分かりずらいのもあって、高い割にサービスの質が悪いと感じる方が多いのも事実です。

価格設定の根拠についても明朗に説明してくれる税理士がいいですね。

 

私は税理士選びの優先順位を「コミュニケーション」、「品質」、「価格」の順で決めた方がいいと提唱しましたが、「価格」を一番重視される方は多いと思います。

 

僕も安くて美味しいご飯屋さんに行ったりするので、価格が安くても「コミュニケーション」に問題がなくて、「品質」がいい税理士を求める心理は分かります。運良くそういう方と契約出来たらいいですが、前述の動画にもあったように、ある程度は満足なサービスを受けられないことも覚悟しなければいけないかもしれません。

 

手前味噌の話ですが、インターネットやクラウド会計、AIの台頭により、前述した3つの税理士の独占業務「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の価値は年々下がってきており、今後も下がっていくことが見込まれます。

 

税理士側でもこのままではまずいということで、最近のトレンドとしては経営支援に注力する税理士事務所は多いですね。私も例外なく経営支援には力を注いでいます。会計税務以外に経営の相談もしたいという方は一度ご連絡下さい。

 

僕(税理士)の経営コンサル総論

 


高木誠